link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | edit | page top↑

未確認振動物体オナーラ事件。





一日も終わりに近づいたマッタリ時間。




シャンスを膝に乗せて

素人マッサージ。




胴体も排毒を兼ねて(?)

首からお尻に向けて一直線にナデー。ナデー。
201006162.jpg
本犬も気持ち良さそうにしている。








悪い毒素なんて、出ちゃいな。

とっとと出ちゃいな。

なんてやってたら





出ちゃった。


201006163.jpg
!!!!!





(しかし、気持ち良さついでに「お菊さん」まで緩むて、・・・爺ちゃんか)








シャンスもビックリ。
201006161.jpg
すぐさま後方確認。








ただし今回はこれで済まなかった。

と言うのも普段のシャンの「オナーラ」はスカシっ屁。

音が出ないので「お菊さん」が振動しちゃうこともない。






ところが今回は満点な「プー」音だったため、

デリケートな部分が突如、振動してしまい

シャンス的には
201006164.jpg
とイライラ・マックス状態。







ガルルルルとひとしきり唸った後、

ワンワン吠えながら後方に向かって走っていった。

201006166b

・・・・・・ぇ( ̄ー ̄;)。






シャンス、

で、「オナーラ」は見つかったかい?






見つかったら、是非、私にも見せてくれ。








*・*・*・*・*・*・*・*・*・*








ワンコって本当に「おなら」を認識できないんですね。







オナーラさんの突然の訪問に

しばらく、怒りが治まらなかったシャンス。
201006167.jpg
(部屋中ウロウロ、オナーラ探ししておりました)





一方、

完璧な「プー」音と

それに対するシャンスの反応が滑稽すぎて

しばらく笑いが止まらなかった私。






それを見て「悪の根源はここにあり」と

私の膝に乗ることすらしなかったシャンス。






最後は、私が何故か「ゴメンね」と謝り

ようやく一件落着した

「未確認振動物体オナーラ事件」でした。


┐(-_- )┌ ヤレヤレ… 






しゃんす | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。