link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | edit | page top↑

凝視癖と対処法。


私は人間観察が好き。

好きというか、無意識で凝視している。

200809301.jpg
こんな風に。



いつ頃かは覚えていないけど、

「あの人の手に傷があったよ。」とか

「あの人のホクロから毛が生えてたよ。」とか

いちいち母親に伝えては

「そんなにジロジロと見るものではありません!」

と怒られていたのを覚えているということは

かなり幼少の頃からの癖と思われる。



200809302.jpg



しかも、見るだけじゃなくて、

その人が今、何を思ってるのだろうと思うと

それを知りたくて更に見つめてしまう。

まるで「透視研究家」のよう。



たとえば、電車に乗っていて、何か物音がしたとする。

普通なら物音のする方を見るだろうに、

私は、物音のする方を見る人を見る。 (ヤヤコシッ

そして、「べっくりしたー!とか思ったんだろうな♪」とか勝手に想像する。


200809303.jpg
(目クソ、目クソー!)



車に乗ってる時に渋滞しようもんなら、

隣の車に乗ってる人が気になって仕方ない。

歌でも歌ってそうなら、その歌が何かまで考えてしまう。





文字におこすと、我ながら・・・キモーイ。





ただ、こんな変な癖と付き合ってると、

変な対処法も上手くないといけない。

この場合の対処法とは

「視線が合ってしまう寸前に逸?らす。」





例えば、



あ、この人、こっちに気付っ・・・
200809305.jpg
かな?い!




みたいな~っ♪ 

(何の自慢にもならん。)







でも、またこっそり
200809306.jpg
見たりして・・・。





うひゃっ♪







200809307.jpg

だろーねー。



もっち | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。