link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | edit | page top↑

レトロカメラ・コレクション。








金沢より

おはようございます、こんにちは、そして、こんばんみ。







私、年休を消化すべく、

微妙な時期に帰省しております。








残念ながら

真っ黒ボディーのシャンスは連れてこれず。

変わりに

真っ黒ボディーのキャノンを連れてきてます。







というのも

長年、写真を趣味にしてきたマイ父に写真指導をしてもらう、

今回の帰省の目的のひとつだもんで。

ちなみに、マイ父は何十年もキャノン・ユーザー。

ものを大切にする父は

未だに歴代カメラ達を大事に保管しております。

使用はしていないけれど(当たり前)。








初代のカメラも笑っちゃうぐらいレトロなのですが、

母の父(私の祖父)や伯父が使っていたカメラも譲り受けて保管してあるので、

我が家はちょっとしたカメラ・ミュージアム状態。

こんな感じで。




201112131.jpg











ちなみに、マイ父の初代カメラはこちら。
201112133.jpg
フラッシュを焚くとボムンッと本当に煙が出そう。











こちらは祖父のもの。
201112134.jpg
皮のケースが実にハイカラさん。










照度計も何とも味があります。
201112136.jpg
機械式なのでいまだに現役。

(使われていないけど。)









そして、

レトロ組では堂々たる番長の風格を漂わせるコチラ、

201112135.jpg
父の兄(伯父)が使っていたレオタックス。










どの時代にも息づく

思い出を残そうとする人々の想いが伝わってくるよう。











ちなみにマイ父はこの後、

数台キャノンのフィルムカメラを愛用していました。

ただ、デジタル時代の真っ只中に突入して、

あまり出番がなくなったフィルムカメラ。









なので、

頂きました。

サクッと頂いちゃいましたよ、そのレンズ達。









ボディーもレンズもどんどん軽くなっている中で、

ズッシリと重いレンズ達。

これまでそのレンズでもって切り取ってきた

思い出達の重量もまたズッシリ。







それらズッシリ・レンズ達で

これからどんな思い出を切り取っていこうか、と

ますますカメラ生活が楽しみに。







明日もバッシャバシャ撮ってみようと思います。

下手な鉄砲ナンチャラカンチャラを

最大の味方にして。






そいでは!






スポンサーサイト
つれづれ | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。