link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | edit | page top↑

キャバリア認定。






それはまるで小宇宙。




201106282.jpg


なんて幻想的・・・。

・:*:・(*´∀`*)・:*:・キレー










ハッ Σ (゚Д゚;)










て、んなわきゃない。

こちらは
201106281.jpg
シャンスの心臓エコー写真。








先週日曜日、シャンス、超音波検査を受けてきました。








結果から言うと

「僧帽弁閉鎖不全」通称「心臓弁膜症」

と診断されてしまいました。





201106284.jpg


一年前のあの診断から「そうなんだろうな」とは思っていたけれど、

確実な診断名が下ることをやはり避けていた部分もあり

延び延びになってた超音波検査。







検査開始1分ほどで

「あー、逆流してる」と獣医にあっさり言われ、

「あー、そうですか」とあっさり答えた私。








あれほど怖いと、嫌だと、恐れていたはずなのに、

冷静に受け入れたのも、あまり落ち込んでいないのも

一緒に生活してきた時間が自然と作り出した受け入れ態勢もさながら、

やっぱり目の前にいるシャンスが

201106283.jpg

いつものシャンスだから。










心臓肥大は見られず、逆流も2~3拍に一度。

元気だし、食欲満点だし。

現時点で投薬等の治療は必要ないとのこと。

シャンス自身というよりは

むしろ私の心構えを整えておくことが最優先。









獣医からも改めてどんな病気なのかの説明を受けました。


「キャバリアちゃんの典型的な疾患です」から始まり

「キャバリアちゃんだと遺伝、つまり先天的・・・」

「キャバリアちゃんの発症率は・・・」

「キャバリアちゃんの・・・」


「キャバリアちゃんだと・・・」





「キャバリアちゃんは・・・」








「キャバリアちゃん・・・」








説明の中で何度「キャバリアちゃん」を聞いたか。(そこ?)

も!もちろん、ちゃんと集中して

「弁膜症とは何ぞや」を聞いておりましたよ。






ただあまりにも「キャバリアちゃん」と連呼されるもんなんで、

私の中で一番実感をともなったのは







「あーそっか、シャンスってキャバリアだったんだ。」








だったり・・・(;´▽`A`` アイヤー

日頃から「犬」とか「キャバリア」というくくりを意識してなさ過ぎ。








弁膜症という診断が故に

はっきりと明確に
201106285.jpg

そんな気分。








スポンサーサイト
しゃんす | edit | page top↑

春先に芽生えた恋心。







春先からシャンスに芽生えた恋心。

それは散歩途中に会えるあの子。


201106235.jpg 
お返事もそこそこに








201106231.jpg
急ぎ足で向かう。









そして、

ついに!!

あと一歩のところまで!!
201106233.jpg

この時のシャンスの引っ張り具合といったら、

まさ恋する乙女なみ。











そう、シャンス、

まさに恋に落ちてます。

食べ物以外には興味がないと思ってた

ロンリネスなおじシャンが

毎日毎日、会えるのを楽しみにしている、

そんなお相手とは・・・、












こちら!!!

201106234.jpg
(恍惚の表情)








そう。

草。

強いて言うなら

雑草。










あまり草を食べるタイプではなかったのに、

この春から、この草にはロックオン状態が続いている。

まだ生え始めの頃から慈しみ、愛し、そして食しております。

ちなみに、タンポポとか別の草にはまるで無関心。









そんなシャンスの愛の成長記録がこちら。
201106232.jpg
「愛」という代物にむしばまれても

元気一杯育っております。

今や、頭に届かない。



ちなみに、こちらがその草の真の姿。
201106236.jpg
普通なら下まで立派に葉を蓄えております。










ここに来ると、

いつまで経っても離れようとしないので、

私も心が引き裂かれる思いで(おおげさ)、

ズリズリ引っ張って連れ帰るのですが、

シャンスの頭は、

201106238.jpg
あの子でいっぱい。

(´・ω・`) キューン・・・








てか、シャンス。

気付いて!




201106239.jpg

うしろ、うしろー!!










*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*







不思議なもんで、

この草ならどこのでも良い訳ではないらしく、

たくさん生えているから良い訳でもないらしく、

必ず、同じ場所の同じ草しか興味を持ちません。








明らかに生えるべき場所を間違った、

コンクリートの隙間から出てきちゃった、

出てきちゃったからには頑張って生きてる、

そんな「一人ぼっちさん」だけに執着。

2011062310.jpg

あらやだ、仲間意識?








この「草版シャンス」、

アパートの住人によって

サクッと抜かれてしまう日が来ないことを

シャンス共々祈っております。








しゃんす | edit | page top↑

コピーをつけてみる。





あいにくのお天気だった週末。



にも関わらず、

外でボール遊びをしてきました。
201106182.jpg
(楽しそうで何よりです。)





ま、いつもの通り、

ボール遊びの様子を載せてもいいのですが、

ま、いつもの通り

何ら変わらぬ内容になりそうだったので、

今日は趣向を変えて、

撮った写真にキャッチコピーをつけてみることにした。







【キャッチコピーとは】

広告コピーのうち、読者の関心を呼び、注目度を高める言葉のことを言う。

1文、1行程度のものから、数行に渡る物まで数多くのキャッチコピーがある。

多種多様な情報が氾濫している情報環境では、

伝達内容を完結に表現して、

キャッチフレーズだけで情報的に完結する広告表現が増加している。

(ネット辞書より)







とな。







例えばこんな感じかしら。









「生ビールが美味しい季節になりました。」
201106181.jpg





どうかしら。



そこのあなた、

野外でクイーッと一杯やりたくなりましたか。









では続けてみましょう。










「ちゃんと見て。相談相手の真の顔」
201106183.jpg


家のことだけじゃなく、家族のこととか、この先の生活の不安にも

親身になって相談に乗ってくれていたあの人の気持ちに報いたくて

あの人が勧めてくれた

「大敵シロアリ!床下の点検コース(100万円)」と

「必ず開運!摩訶不思議な力を秘めた表札(60万円)」に申し込んだら

あの人が、こんな顔して笑ってた。



気付いて。あなた騙されてる。














「愛犬+X=うれしい。地球-X=かなしい。さてXとは?」
201106185.jpg


ほら、うちのワンちゃんさ、

普段、家にいることで守られてるっていうアドヴァンテージってあるけどさぁ、

一旦、ネィチャーに足を踏み込めば、ワイルド味溢れてエンジョイしてるのよ。

ネィチャーがあるからこそ、すべての動物のライフもスピリッツも守られてる。

だ、だから、残り少ないネィチャーを大切にしたいって思っ・・

え?募金?環境保護の募金?

あらごめんなさい、いまねぇ、たまたま手持ちがないのよ。

ほんと、今日に限ってぇ。ダメねぇ、私。

あらもうこんな時間!帰って株取引しないとだわ!



株価より大事にしよう、自然保護。















「バラバラ上等!」
201106184.jpg


彼女は趣味のテニスの技を高めて、国体選手枠に入るそうだ。

彼は得意の英語で、昨今のグローバル化をリードしている。

僕は、僕は・・・そうだな、

生サーモンをソテーする前に、

一本残さず小骨をピンセットで抜くことが出来るよ。

大事なのは内容じゃなく大きさじゃなく

「自信を持つこと」じゃないかな。

サーモンの骨抜きだって「自信を持つこと」で

テニスや英語と同等の誇りであり個性になるのだ。


十人十色。個性万歳。










*・*・*・*・*・*・*・*・*・*









ちなみに、本物のコピーライターに

シャンスのコピーを作ってくれと頼みましたところ、

201106186.jpg

断言された。

「え?じゃぁ、犬じゃなければ何なのさ。」

この続きは読者に委ねて、考えさせる。

考えることで、印象に残すってやつ。

さすがだな。

なんなら、ブログ名も「ぼくは、犬じゃない」に変えようかしら。






一方、私がハンナに宛てたコピー。

201106187.jpg

はい、ど直球。

見た目オンリー。






憧れのコピーライターは憧れ止まり。




そうだ コピーライターは諦めよう。

(行き着くところは某コピーのパクリです)






しゃんす | edit | page top↑

廃人主催のホームパーティー。







新しいトライキャバ・デザインを

発見しました!
201106045.jpg

このムンッとしたお口元。

勝気な麻呂眉。

んー。可愛い。







だけど、
201106046.jpg
あらやだ、このドヤ顔に似ても似つかない。

なぜかしら。








それもそのはず。

このデザインは職場の同僚のハッチャケ娘、

プナr ・・・ ズサササー!!!

201106044.jpg
ヽ( ̄∇ ̄;)ノ ワォ スゴイ イキオイ・・・。

そう、プナルちゃんがモデルですもの。








以前から知っていた彼女の存在。

パピーの頃から写真を見ていただけに、

こうして実際に会えたことに感無量。






会えたきっかけは、

別の同僚男子から発せられた一言。





「俺、mocciiの家に一度も呼ばれたことがないんだけど?」





; ̄ロ ̄)エッ!!






・・・てか、別にそんなに家に人を呼んだりしてないし。

・・・てか、なぜに、私が意図的に呼んでないみたいな言い方になるし。

・・・てか、家に呼ぶって掃除とかすげーめんどくさいし。







とか思ったりして、返した言葉は、







「やるし!ホームパーティーやったるし!!(ムンッ)」







・・・・。

q(T▽Tq)(pT▽T)p ワァァァ!!!

ちょっと、私!何を口走ったんだ!!







そう後悔したものの、時すでに遅し。

あれよあれよと同僚ズが参加意思表明。

総勢9名(+プナル)を家にお招きすることに。

自分含めて10名って。

10名分のオモテナシ料理って何?

10名分のお酒の量ってどんだけ?

10名分の箸もないよ、コップもないよ。

10名分も座る場所ないよ、もしや立食?

ちゅかその前に、この家、人呼べるほど綺麗じゃないし。







結果的に言いますと、

ホームパーチーを行った6月4日の前後1週間は、

掃除やら、料理やら、なんやら、かんやらで

あれです、あれ、良く言う

「廃人」状態。

慣れないことをすると

「廃人」みたいになるんですな。

皆様も、お気をつけ下さいまし(余計なお世話)。








さて、迎えた当日は天気もよく、

みんなそれぞれ沢山の料理やお酒を持参で来てくれ、

シャンスも家の主として、

いつもどおり、

手を差し伸べてくれる方には、
201106041.jpg
見て見ぬフリをし、






ダイニングチェアーを甲羅に
201106047.jpg
目をひん剥いておりました。








もう一人の家の主、mocciiは

だいぶ早い時間から酩酊し、

午後2時から、皆が解散した夜10時半まで

調子にのって際どい話をシャーシャーと話したり(後日談)、

こぼれたものを拾って食べてたり(後日談)、

同じことを何度も話したり(後日談)、

同じことを何度も話したり(後日談)、

同じことを何度も話したりしてたそうです。

201106042.jpg
(助けと癒しを求めた先は私ではなかった。泣)








後日、写真を見返してみても

201106043.jpg
(きれいにデコられたワインを撮りたかった模様←予測)

まさに焦点が合っていない写真ばかり。

酔っ払うとリアルな焦点もカメラの焦点も合わなくなるのですな。





皆様も、どうぞお気をつけ下さいまし。

(本当に余計なお世話)








しゃんす | edit | page top↑

脳内ツイート V。






なんか最近、無性に「バイト」がしたい。

「バイト先の先輩がさ・・・」とか

「あぁ、ゴメン。その日バイト入ってるんだよね」とか

言いたい。是非、言いたい。





なんだろう、「バイト」は、もう手の届かないものに思える。

ずいぶん過去に置いてきてしまったものみたいな。

何かに似ている感覚だなと思ったら、行き着いた答えが

「青春」だった。

無理。そら全然無理。届かない。





だからもうバイトは出来ない。

私に出来るのはもはや「パート」だけなんだ。





ということで今回の脳内ツイートは

mocciiのバイト歴という青春のビタースイートな思い出を。







ではスタート。







【バイト・デビュー】

高校1年生の年末。

学校から徒歩圏にあった「お蕎麦屋さん」。

当然、高校の規則にある「バイト禁止」を破る。

校則違反してる自分にハラハラしながら働いてたら

生活指導の鬼教師が食べにきた。

一日で辞めた。







【大学生バイト】

周りの友達は大体、家庭教師か塾講師のバイト。

次期受験生の先輩として、現役大学生として、私も堂々申し込む。

面接で問題集を渡される。

解けず。落ちる。諦める。







【製糸工場】

父親のコネで製糸工場の子会社で夏休みバイト。

朝からお昼まで3時間という戦力圏外なバイトさん。

朝、ラヂオ体操をして、

ひたすら糸の筒の内側にシールを貼るという作業。

時計を見るたびに15分しか進んでいない。

後にも先にもあんなに時計の針を疑ったことはない。








【キャッシャー】

ジャスコのレジ係。

列ができると、焦ってしまい、値引きシールを無視しまくり。

お客が戻ってきて「差し引かれてない」と清算に四苦八苦。

列、更に伸びる。私、焦る。シール無視しまくりのループ。

レシートの紙交換も焦って、滑って、ゴロゴロゴローて。待て待てーて。

で、集計で500円ほど足りず、始末書書いて、給料から差っ引かれる。

ちなみに新米レジの痛切な願い。

「きゅうりとかトマトとかにも一個一個バーコード貼ってぇ」







【パスタ屋】

大阪梅田のパスタ屋さん。

混み具合、回転の速さが半端ない。

お冷のコップがすぐ足りなくなって

すごい勢いで洗って、

「水浴びした?」ぐらいビチョビチョの制服でパスタを運ぶ。

片手に2皿乗せは当たり前だけど、

食洗器から出たての半端なく熱い皿に、これまた熱いパスタ。

耐え忍んだ挙句、注文客のテーブルには投げるように置く。これ基本。

注文されたのがスープパスタだったとか。これ最悪。

アチ!アッチ!って言いながら早足で運ぶので大体こぼれてる。

グチャグチャのパスタが目の前に出された客の顔が、今なお忘れられない。







【アジアン・キッチン】

店内には常に「ウェイウェイ♪シェンシャオ♪」みたいな

陽気なアジアンポップが流れている。

陽気なバイト先の仲間に

指10本にドクロのシルバーリングをつけていて

写真撮るときは必ず舌を出して、中指立ててる人がいた。

多分「~~です」の代わりに「~~death」とか書いちゃう系。

パンクだかヘヴィメタだか知らんが

仕事中はしっかり「A1にナシゴレン、トムヤムクンで~す♪」というポップなノリ。

彼は今、「ドクロまっしぐら」な店で働いてる。

アジキチ・バイトの過去は消したいに違いない。

だから過去を知る私は、たまに思い出させに出向くのdeath。








【カフェ・バー】

アメカジ系のお店。

関西大学前にあったので学生率90%。

お酒のメニューはカクテル本に書かれた種類と同数。よって100種類以上。

「これってどんなお酒ですか?」と聞かれたら

すかさず裏に行って本を見るのに

知ってたかのようにシェーカーを振らなければいけない悲しさ。

イケメン・バーテンならまだしも、

客の前でバイトがシェーカーを振るって勇気がいる。すっごくいる。

よって私はキッチンに逃げ隠れ、振って出てくる。

あたかも、「キッチンにあるあのスパイス入れないと」という体裁で。

そのスパイスは

学生が小洒落たショートなんて飲むんじゃねぇ。

という怨念スパイス。







【ショットガン】

そのメニューの中に「テキーラ・ショットガン」があった。

小さいグラスにテキーラストレートと微量の炭酸水を入れ、

客の前でコースターを被せて、グラスごと机に打ち付けて

炭酸の衝撃でブワーってなったのを一気に飲むってお酒。

盛り上がりついでに度胸試し的に頼む、そんなお酒。

ただね、炭酸水ってたまに炭酸抜けてるのよ。

3人とかいると2人飲んだ時点で3人目のが炭酸抜けまくり、みたいな。

「じゃ、最後あなたね♪」と勢い良く机にガンッ!てやるのに

ショットガンが「・・・。」て。

3人衆も「・・・。」て。

盛り上がるどころか、盛り下がるそんなお酒。

ちょっとガーンでしょ。ショットガンだけに。






【結果】

バイトしたいって想い、

撤回します。







では。






え?シャンス?

元気元気。すげー元気です。





脳内ツイート | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。