link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | edit | page top↑

にょン・フレンズ。








受信。

201102241_edited-1.jpg
(アカデミック系)







返信。

201102242.jpg










受信。

201102243.jpg
(携帯メール系)







返信。

201102244.jpg









受信。

201102245.jpg
(ツイッター系)







返信。

201102246.jpg







頂いたメッセージへは

お返事するのがモットーなシャンスです。








*・*・*・*・*・*・*・*








この行動、所謂「マーキング」と言われておりますが、

各ポイントにかける時間と集中力がバラバラです。

執拗に留まる事もあれば、サラリと流すこともあり。

きっとそこには多種多様な情報が詰まっているのだろうと思うと

なんか・・・、

なんか・・・・、








シャンス、友達と文通してるみたーい♪(キャー)










生身のお友達がほとんどいないという悲しい現実は

ペン・フレンドなら沢山いるという幸せな妄想を生みます。

201102248.jpg






シャンスは毎日2回、

おおよそ20ワン友と親密に情報交換。

友達、いぱーい!

やるねぇ、シャンス。








ただ悲しいかな、

シャンスの貴重な返信内容は

201102247.jpg




きっと相手に届いていない。






スポンサーサイト
しゃんす | edit | page top↑

シュールな映像。








前からずっとやってみたくて、

想像してはワクワクしてて、

とうとうやってみた。

やってみちゃった。







これを。









シュールだ。

シュール過ぎる。








ちなみに

シャンスの後ろで

あり得ない角度で首を曲げる私の姿も

それはそれで




シュール過ぎ。






しゃんす | edit | page top↑

似て非なるもの。




シャンスから一言。


201102153.jpg



・・・・(-ω-;) ハイ?


犬もダメなら人もダメ。

散歩は単なるトイレのためで、

家で白目剥いて寝るのが至福な

引きこもりシャンス。

「ビックになる」なんて若い発言も

そろそろオイタが過ぎるお年頃なシャンス。






んだけれども!





201102152.jpg

きゃー。でかーい。びっくー。(棒読み)










・・・・。

なんのこっちゃない

バーニーズに遭遇したのでね。

ついつい嬉しくなってね。







やっぱりトライ・キャバを飼っていると

その配色がそっくりなバーニーズには妙に親近感が湧きます。







ま、そうは言っても

201102154.jpg
どえりゃー差がありますが。







シャンスも
201102155.jpg
まじまじと凝視しちゃいます。








でもこちらを見られると
201102156.jpg
見てないふり。これ鉄則。









素質的にも、体格的にも「ビック」とは程遠いシャンス。

よってギャラリーの注目を集めたのは

「ビック」なバーニー君おんりー。






シャンスはビックの背後で
201102158.jpg
第二の尻尾と化しておりました。






でも、

そんな第二の尻尾にも気付いてくれたお姉さまがいらっしゃいましたよ!!嬉





「あ!何かちっちゃいのもいるっ。」

てね。






・・・・。

なんか ちっちゃいの。

ナンカ チッチャイノ。





そうそう。お姉さん、大正解。





この子の犬種は

「キャバリア・ナンカ・チッチャイノ・スパニエル」

て言うの。





ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(T▽T) '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、ハゥ・・・ 壊






しゃんす | edit | page top↑

シャンス的・如月遊び。





相変わらず寒暖の差が激しく

日によって季節感がバラバラな最近。

今日なんて帰宅途中にワワワーと重い雪が降り始め、

今、外を見たら真っ白な風景に変わっていた。








なので

全く信じられないでしょうが

これ、
201102141.jpg
昨日です。

ワタシ ウソツカナーイ。







そう、夕陽を見る前に葉山の海に寄って

ひとっ走りしてきました。

せっかくなので

ハイスピードカメラも持参。







真剣そのもので走っているはずなのに

どーしてもアヘアヘ顔にしか見えないのが

ハイスピード動画の恐ろしさ。

間違っても私の走る様子なんぞ撮られたくない。

世紀末な映像になること間違いない。







しかし気持ちの良い快晴ピッカーンな一日だった。

前日まで雪マークが天気予報で踊っていのなんて信じられない陽気。

まぁ、言っても2月だし、

どっちかと言うとこの日の方がおかしかったのかも。



でも、言っても2月だし、

201102142.jpg
まさか海に入っていくとは思わなんだ。





気候もおかしいけれど、

それ以上にシャンスの体感温度がおかしい。






しゃんす | edit | page top↑

忘れてはいけないこと。







それはそれは

涙が出そうなほど美しい

201102134_edited-1.jpg
夕陽を見てきました。








両手でつくった器に入った水を

一滴足らず溢してなるものかと

必死で堪えているのに

どうしても水かさが減っていく。




201102131.jpg




歯を食いしばって頑張っているのに

こんなに力を込めているのに

するりするりと音もなく

流れていく水。




201102132.jpg




悔しくて無念で悲しくて

たくさん泣いて

そして気付く。





201102133.jpg


流れ出た分の水かさは

涙が補ってくれるのだと。








そして自分の涙が足りない時は

201102135.jpg

一緒に泣いて

涙を分けてくれる人が傍にいるのだと。








「大丈夫。一人じゃない。」








そんな簡単なことを

201102136.jpg

雄大な自然が思い出させてくれました。

感謝。






しゃんす | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。