link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | edit | page top↑

思い出し笑い。



昨日の電車中の話。


傘を持った少年が、私と少し離れた場所で立っていた。

その少年の傘、どうも壊れていた模様。


201003102.jpg


ワンタッチでバサーと開くタイプの傘。

きっとホックの部分が甘かったのだろう、

コツンと傘先が下に当たった途端、

思いっきりバサーっ!と開いた。






帰宅ラッシュの電車内、

慌てる少年。

「あ!す、すみません。」と近くにいたおじさんに謝る。






傘を閉めて少年、一呼吸。

途端、再びバサーっ!!





焦る少年。

今度は傘のビニール部分を持とうとして、

屈んだ途端、リュックがずり落ち

バサー!!!アゲイン。





リュックが先か、傘が先か、

狼狽する少年。

片手で傘を握りしめ、リュックを直すも

肩にかけたリュックをヨイショと掲げた瞬間に

バサーっ!!!!





201003103.jpg


何回、傘ひらくねん。

傘のベルトしたらえーのに。

次で降りるからめんどくさいんかな。






と思った私の視界で

まるでウナギを捕まえたかのような少年の動き。

・・・・で、






バサーっ!!!!








!!!!

;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ

ちょwwwww傘、どんだけ強いねん!!









さすがに堪え切れず

ひたすら頭を垂れて、肩をワナワナ震わせ、忍び笑い。






帰宅して

あの激しく開き続ける傘に、激しく狼狽し続けた少年を

思い出しては




;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブヒヒヒヒ。


201003101.jpg


ヒヒッ。

ヒヒヒヒっ。




ヒィヒィ・・・ヒ


201003104.jpg

あ・・・・。




怪しまれて、

距離を置かれて、

思い出し笑いも即座に終了。

ちーん。




スポンサーサイト
つれづれ | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。