link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | edit | page top↑

チューへの執念。





私がソファーに横になってウツラウツラと夢心地な時に限って、

ものすごい勢いで胸に飛んでくるシャンス。





予想だにしてない衝撃を胸に受けた時って、

ホントに体がV字に曲がるんだよね。

そんなのマンガだけかと思ってた。






んで、胸に飛び乗ってきたシャンス、

おもむろに

「ちゅーちゅー・べろべろ・ちゅーべろべろ祭り」を開催する。

on my 顔面。






唐突な飛び込みでそもそも息が乱れてる所にきて、

口と鼻を攻められるのは、もはや拷問に近い。






思わず、

無理やりひっくり返して
200912011.jpg
制止措置。





と・・・
200912012.jpg
ちとショげる。






と思いきや
200912013.jpg
あがく。




再び制止措置をとると
200912014.jpg





・・・・なら?





200912015.jpg
はぇ・・・・?







上から撮ってみると・・・
200912016.jpg
ほんとだ。

仏の顔で寝ておる。






・・・・。


・・・・・・・。



ホッ。

ようやく落ち着いた。

苦しかったぜぃ。

ヒッヒッフー。 ヒッヒッフー。

(なぜかラマーズ法にて呼吸調整。)








と 思いきや






ぎゃぁぁぁあっ。
200912017.jpg
やっぱり覚醒&野生化。







「愛犬のチュー攻めで30代女性が窒息死」

こんな見出しがおどったら、

私を思い出してください。






スポンサーサイト
しゃんす | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。