link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | edit | page top↑

生き物だもの。

 

人間もそうであるように

ワンコだって、「病気知らずで病院知らず」は稀だと思う。

 

ミックスは意外と強いと聞く。

本能として、より生命力のある遺伝子が選ばれて受け継がれるのだろう。

 

それに引きかえ、純血種は

その血を守るために、弱くなったりする部分があるようだ。

 

シャンス

 

とくに、出目金タイプのキャバリアだと、とかく目に気をつけていないといけない。

これだけ大きくて、目が出ていれば、傷つき易くなるのも分かる。

 

アップ

獣医によれば、キャバに限らず、目の出ている犬種は角膜が厚く

目を守る様に作られているらしい。

 

 

でも・・・

気付いた方、いますか。

目目

シャンスの左目にはずっと治らない、濁った膜ができている。

ずいぶん前から、「角膜炎」と言われ、目薬はかかせない。

日によって、その白濁したり、小さくなったり・・・。

 

今日、再び病院にいって診てもらった。

そして、聞いてみた。

「一年以上、この状態ですけど、角膜炎は治らないものなんですか」と。

 

唸る、獣医。

そして、言われました。

「一度、眼科専門医に行ってみますか」と。

 

 

ということで、月曜日、急遽眼科に連れて行くことになりました。

めんどくさー

・・・んだね。

 

 

・・・ちなみにね、

私、1ヶ月使い捨てコンタクトが切れて、今、2ヶ月目に突入なの。

眼科に先に行かなきゃ行けないのは、

私。

あは。

 

 

シャンスの目が何でもないことを祈っててくださいね?。

 

スポンサーサイト
しゃんす | comments (30) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。