link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | edit | page top↑

ババンバ・バンバン♪

 

「春一番が北風」という奇奇怪怪な気候だった週末、

大学の友人2人と

「女3人・湯けむり物語」と称し、箱根に行ってきました。

 

食べる。しゃべる。飲む。しゃべる。湯につかる。しゃべる。

という、なんともガーリーな週末でした。

 

 

当然、シャンスは、置いてけぼり。

 

可哀相だったので、

是非、箱根の湯を堪能して欲しい、と彼にお土産を渡しました。

 

 

お土産です。

 

・・・・バレた?

 

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

いまや自宅のお風呂でも

全国各地の名湯を楽しませてくれるバスクリン。

箱根の湯がとても良かったので、自宅でも「箱根の湯」を用意。

 

ただね、

このバスクリン、

はこね?

色が激しすぎです。

効能どころか、ちょっと、その色彩に「害」を感じてしまいます。

 

ハッ!!!

 

いや、もしかして・・・

こっちが「本物の箱根の湯」だったりして?

私が入ったのが偽湯で、このバスクリンが本湯?

こっちが本湯であっちが偽湯?

あっちが偽湯でこっちが本湯?

 

・・・・・・・・。

 

ホイッ!!

ややこしやーぁ、ややこしやっ♪

ややこしやーぁ、ややこしやっ♪

 

 

ちーん。

ちーん。

 

 

 

【おまけ】

箱根の強羅公園内にある「クラフト・ハウス」で、ものづくりに挑戦。

やっぱり、私は

作りました☆

どこまでもシャンスです。

 

スポンサーサイト
しゃんす | comments (21) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。